大祭

毎年、5月の第2土曜日とその前日に行われている、岡崎三大まつりの1つといわれる大祭です。

「御神輿渡御」「山車宮入り」などの祭礼行事は、江戸時代中期からほぼ変わらず、現在に受け継がれてきました。

祭のクライマックスは「山車宮入り」で、一斉に提灯に点灯された8台の山車が高張提灯を先頭に各町を回り神明宮へ向かいます。