お知らせ

◎節分 豆まき ご案内

令和5年2月3日(金) 午後1時~

ご祈祷、ご神符、福豆、お供物・福引券付

節分とは季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前日を指しています。季節の分かれ目には邪気や厄(鬼)が入り込みやすいと考えられていたために、あたらしい1年の無病息災を祈る行事として節分祭がおこなわれてきました。
節分に豆まきが行われたのは南北朝時代以降(1331年より)と言われています。この頃から【鬼は外、福は内】と唱えられていました。

未だおさまらないコロナ禍の中、例年以上に無病息災の願いを込めて、是非ご参加ください。

申し込み・お問い合わせは、各町氏子総代さん・年行司、神明宮社務所まで。

 

 

 

 

ご参拝の皆様へのお願い

能見神明宮での感染症対策について

境内ではマスクを着用ください。
お持ちでない方は控えめな会話、ハンカチで口を覆うなど、ご配慮をお願い致します。
お参りの際や、お並びの際など適度な距離をお取りください。
御祈祷をお受けの方、神札やお守りをお受けの方、ご朱印をお受けの方、消毒液の使用をお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

 

 

◎由緒記

入り口、向かって左側に新調した由緒記を設置しました。(2020年8月11日)