神明宮大祭の歴史

毎年5月第2日曜日とその前日に行われる神明宮の大祭は、「神明さん」と呼ばれ親しまれています。この祭りの起源については、残念ながらはっきりとしていませんが、少なくとも江戸時代中期に始まったものと思われるこの祭の変遷をさぐってみましょう。

承久のころ(1220年ころ)

「本社ができ、祭礼は初め八月十五日夜より十六日まで、氏子が集まって御神酒を供え、楽を上げて祭りをした。・・・(中略)・・・その後、祭礼は水無月にした」

(『能見村根元之事』・・江戸末期に書き写した文書で原本の時代は不明)

江戸時代中期(1750年ころ)

「例祭六月十五日なり、山車車輌出す、氏子町中を引きわたす、童児の舞などあり、美観云わん方なし」

(『参河国名勝志』・・いつごろ書かれたものか不明だが、江戸時代後期のものと思われます。
社殿が再建された寛永二年(1749)ころから始まったのではないでしょうか)

明治10年代

この当時、神明宮の祭礼は旧6月15、16の両日と秋の旧9月15、16日に執り行なわれました。

明治20年代

明治20年(1887)より、春の旧4月15、16日に変更された。秋は変わり無し。
27、8年ころまで秋祭りにも、打ち上げ花火や手筒花火その他いろいろな余興が盛大に行われていました。

明治40年代

41年、明治天皇より幣白料御下附につき、当日勅使を迎えるにあたって、この年より祭礼を新暦5月15、16の両日に行うこととしました。
42年、松本町の山車(二階建て塗り仕上げ)が売り払われました。(このころまで二階建ての山車が引き回されたのでしょうか?)
明治時代には山車は毎年出たのでなく、年によって山車も出るが、花火もあったり、芝居やら手踊りがあるということで、各町が競って多彩に催されたようです。特にこの当時は、町民有志による素人芝居は大正を経て、昭和8、9年ころまで続いたようです。(現在、境内にある小屋の設備は当時の名残です)

大正時代

大正4年、松本町では総檜白木造りの山車が新造されました。(昭和34年まで引き回されました)

昭和初期~終戦

この当時、祭礼の日には氏子の小学生は学校を休むことができ、他の同級生からうらやまれたそうです。御神輿渡御(おみこしとぎょ)が通る道筋の家々には、家紋の入った青と白の幕が張られ、祭り気分を引き立てました。また、二階以上の高い所からの見物は禁止されていたとのことです。(材木二丁目 水谷成人氏のお話)
昭和7、8年ころの松本の山車の引き回しは、お囃子は消防団が、踊りは町内の舞妓の出演で賑やかに行われました。しかし、この山車の引き回しも、戦争の拡大により、昭和11年を最後に中断されました。

終戦~現在

昭和23年の祭礼に、松本と能見の二台の樽みこしが出ました。
昭和27年、山車の引き回しを16年振りに復活。氏子地域内に止まらず、板屋町、康生、伝馬地区まで引き回しをしました。
この当時、本格的な山車を持たない町内では、俗にいう「底抜け屋台」を引き回しました。
昭和33年~35年にかけて、元能見南、能見北、松本が山車を新造しています。
昭和41年、奉賀者の不足から御神輿を小型トラックに載せることとし、馬に乗っていた神官も乗用車に乗ることにしました。
昭和49年、人夫に頼っていた「白丁衣」を厄年会で奉仕するようになりました。
昭和51年、元能見西が城北、柿田、末広に分離しましたが、53年までを独立猶予期間とし、54年に完全独立しました。
昭和53年より前日祭に境内で手筒花火を奉納。
昭和54年、トラックによる御神輿の運行を新製した御神輿台車での運行に変更。この年より城北、柿田のお旅所への巡行開始。
昭和57年より末広のお旅所への巡行開始。
昭和58年の祭礼より従来の「大年番制」を改め、「当番制」へと移行しました。

 (本稿作成については、前掲『まつもと』及び末広町の加藤広治氏の思い出を参考にしました)
なお、「能見東」・「福寿」・「西材木」・「末広町」の4町が神明宮の氏子であった時期もあるので、ここに紹介しておきます。

サイト内検索

氏子以外の方は以下URLからも申し込みが可能です。
http://www.nomi-shinmeiguu.com/753/postmail.html

上記日程以外でのご希望の方は神明宮へ直接ご連絡ください。相談に応じます。

★今年の適齢の方の生まれ年(満年齢)
・平成27年生まれの女児(7歳)
・平成29年生まれの男児(5歳)
・平成31年・令和元年生まれの男・女児(3歳)
★数え年でお祝いをされる方
・平成28年生まれの女児(7歳)
・平成30年生まれの男児(5歳)
・令和2年生まれの男・女児(3歳)

御祈祷料 御一名 5,000円

 

 

 

 

ご参拝の皆様へのお願い

ご参拝の皆様へのお願い

能見神明宮での感染症対策について

境内ではマスクを着用ください。
お持ちでない方は控えめな会話、ハンカチで口を覆うなど、ご配慮をお願い致します。
お参りの際や、お並びの際など適度な距離をお取りください。
御祈祷をお受けの方、神札やお守りをお受けの方、ご朱印をお受けの方、消毒液の使用をお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

 

 

◎由緒記

◎由緒記

入り口、向かって左側に新調した由緒記を設置しました。(2020年8月11日)

 

-->