御神輿渡御

御神輿渡御
長い間の時の流れの中にあって、ほとんど昔のかたち通りに行われているのが、神明宮大祭です。
なかでも、この御神輿渡御(おみこしとぎょ)は神明宮の御神体(天照大神)が御神輿に移され、先獅子を先頭に長い行列を組み、各町内に設けられた御旅所(おたびしょ)を巡行し、それぞれの町の安全を願い、お祓いを受けるものです。
こうした昔ながらの祭礼風景を今に残す祭りは少なく、山車の引き回しと共に神明宮大祭のみどころとなっています。また、伝統的な祭りということで昭和61年度の岡崎市教育文化賞を受賞しています。
御神輿渡御(普通は渡御と略して呼ばれることが多い)の行列配置は下のイラストをご覧下さい。
渡御の各役割は各町や厄年会で分担されますが、選ばれたひとびとはその役への誇りと共に、良き思い出としていつまでも持ち続けることでしょう。
祭りを見る皆さんも山車の華やかさだけ眼を向けないで、渡御の厳粛な雰囲気も味わってください。

令和元年の順路図はこちら(PDFファイル(※5/9差し替え)

御神輿渡御の行列配置

サイト内検索

上記日程以外でのご希望の方は神明宮へ直接ご連絡ください。相談に応じます。

★今年の適齢の方の生まれ年(満年齢)
・平成26年生まれの女児(7歳)
・平成28年生まれの男児(5歳)
・平成30年生まれの男・女児(3歳)
★数え年でお祝いをされる方
・平成27年生まれの女児(7歳)
・平成29年生まれの男児(5歳)
・平成31年・令和元年生まれの男・女児(3歳)

令和3年カレンダーについて

令和3年カレンダーについて

令和3年の祝日が変更となっておりますので、ご注意ください。

海 の 日 : 7月19日(月)→7月22日(木)
スポーツの日:10月11日(月)→7月23日(金)
山 の 日 : 8月11日(水)→8月 8日(日)
※8月9日(月)は振替休日

詳細は、首相官邸のホームページを御覧ください。

 

 

 

 

令和3年 神明宮例大祭報告

令和3年 神明宮例大祭報告

乙女の舞

本年は、なるべく密を避けることを考え、土曜日に拝殿前境内で披露しました。また、豊栄の舞を例年2名だけで披露していますが、2名バージョンと4名バージョン(本祭と同じ)で披露させて頂きました。
本祭は、8名(4名1組で幣殿と拝殿)で舞いました。

土曜日の各舞の動画を撮影し、YouTube(R)にアップしましたので、以下リンクよりご視聴ください。

令和3年神明宮例大祭 乙女の舞

令和3年 神明宮大祭 乙女の舞 1

令和3年 神明宮大祭 乙女の舞 2

令和3年 神明宮大祭 乙女の舞 3(四人舞)

令和3年 神明宮大祭 乙女の舞 4

令和3年 神明宮大祭 乙女の舞 5

令和3年 神明宮大祭 乙女の舞 6(四人舞)

神前奉納花火

神前奉納花火も無観客にて奉納いたしました。

こちらもYouTube(R)にアップしましたので、以下リンクよりご視聴ください。

令和3年 神明宮大祭 神前奉納花火

 

 

ご参拝の皆様へのお願い

ご参拝の皆様へのお願い

能見神明宮での感染症対策について

境内ではマスクを着用ください。
お持ちでない方は控えめな会話、ハンカチで口を覆うなど、ご配慮をお願い致します。
お参りの際や、お並びの際など適度な距離をお取りください。
御祈祷をお受けの方、神札やお守りをお受けの方、ご朱印をお受けの方、消毒液の使用をお願い致します。
ご協力をお願い致します。

 

 

 

◎由緒記

◎由緒記

入り口、向かって左側に新調した由緒記を設置しました。(8月11日)

 

-->